/inquiry.html,NS-MIR-J(オフィス,320円,インテリア・寝具・収納 , オフィス家具 , オフィス収納 , ロッカー,鏡,www.rodz-konez.co.uk,家具配送便(お届けのみ),省スペースロッカー,/,プラス,事務所) 320円 プラス / 家具配送便(お届けのみ) 省スペースロッカー 鏡 NS-MIR-J(オフィス 事務所) インテリア・寝具・収納 オフィス家具 オフィス収納 ロッカー プラス 家具配送便 お届けのみ 有名なブランド 省スペースロッカー 事務所 NS-MIR-J オフィス 鏡 /inquiry.html,NS-MIR-J(オフィス,320円,インテリア・寝具・収納 , オフィス家具 , オフィス収納 , ロッカー,鏡,www.rodz-konez.co.uk,家具配送便(お届けのみ),省スペースロッカー,/,プラス,事務所) プラス 家具配送便 お届けのみ 有名なブランド 省スペースロッカー 事務所 NS-MIR-J オフィス 鏡 320円 プラス / 家具配送便(お届けのみ) 省スペースロッカー 鏡 NS-MIR-J(オフィス 事務所) インテリア・寝具・収納 オフィス家具 オフィス収納 ロッカー

プラス 家具配送便 お届けのみ 有名なブランド 省スペースロッカー 事務所 NS-MIR-J 【★大感謝セール】 オフィス 鏡

プラス / 家具配送便(お届けのみ) 省スペースロッカー 鏡 NS-MIR-J(オフィス 事務所)

320円

プラス / 家具配送便(お届けのみ) 省スペースロッカー 鏡 NS-MIR-J(オフィス 事務所)




●靴収納部分を交互に重ねることにより、効率よくスペースを使える省スペースシリンダー錠ロッカー(商品番号380984、380983、380982)用のオプション鏡。
●扉の裏に付けることができます。
●外寸:W106×D9×H158mm、質量:0.1kg
●材質:ABS

広告文責:グループ株式会社
050-5212-8316

プラス / 家具配送便(お届けのみ) 省スペースロッカー 鏡 NS-MIR-J(オフィス 事務所)

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ウルトラマンレジェンド


「ウルトラマンレジェンド」

宇宙が一つだとしてもそこにある正義と、一つの宇宙に浮かぶちっぽけな惑星でもある地球にある正義・平和とは違う者なのかもしれません。
知的生命体が存在する惑星はわずかなのか地球人類が知らないところで多数存在するのかは分かりませんが、一つの惑星に存在する知的生命体ごとにそこにあると思われる正義・平和も違うものかもしれません。
地球一つとっても、そこに住む人類は人類の進化の元に歩もうとする方向性が間違っているのかもしれません。
いま大流行しているコロナも、地球温暖化という人類進化の弊害でありそこに起因してるかもしれない絶対凍土の溶解が未知の細菌を世に放っていると言うことになってるかもしれず、人類の進化は地球という惑星一つすら守れていないというかその逆に行ってる可能性が高いのです。
人類は今一度進化しようとする足元を見つめ直さなければいけませんが、人の心には希望という光は存在するのです。
それを守ろうとしたのがウルトラマンコスモスであり、宇宙という広大なところからそこにあるかもしれない宇宙の守護神が宇宙全体の秩序を守ろうとして宇宙正義の使いとして表現したのがウルトラマンjジャスティスだったという具合に思えます。
生命体とは具現化したものとそうではない信心というところから存在していたものがあるかもしれず、前者が人であり後者が神ということになるかもしれません。
人は進化しようとする心に囚われ、神は秩序維持に囚われ、お互いに眠る希望という光に気づいた時、人などが知らない奇跡が起こります。
それがウルトラマンレジェンドだったと思うのですが、ウルトラマンコスモスとウルトラマンレジェンドのまさかの合体ということではなく、ウルトラマンコスモスの守る力とウルトラマンジャスティスの信じようとする力がシンクロしたことで起こった奇跡の証がウルトラマンレジェンドだったということでしょう。
人がどこかで期待する奇跡とは、まるで次元の違うところで起った奇跡が人類の目の前で起こってしまったものであり、人がこの世に登場してというより、知的生命体がこの世に登場して初めてといっていいく位の割で起こってしまったと言うことと思ってもいいと思います。

ウルトラの国、光の国を母星とするウルトラ一族ですら信じられない奇跡の証であるウルトラマンレジェンド。
宇宙正義の主であったデラシオンですら、一目置いていた奇跡であり、ウルトラマンコスモスとウルトラマンレジェンドというタイプの異なる戦士の光というよりも瞬きが交差視したときに起こったまさかの登場だったのでしょう。
宇宙空間は広いのです。
だからこそ秩序維持は必要なのであり、知的生命体が進化しようとする思いの中で踏み誤った間違いを踏み止まらせる、いや粛正しようとする生命体のような神は絶対必要なのかもしれず、その誤りに知的生命体は気づかないだけに粛正が必要なのかもしれないのです。
希望という光とそれが瞬こうとする瞬間は守らなければいけないのですが、それは知的生命体じゃな神のみが弁えなければいけない奇跡だと考えます。
ウルトラ戦士は超能力者ですが、それすら凌駕してしまった瞬間に存在していた奇跡、それこそがウルトラマンレジェンドだったと思います。






三点ドロップ~スカイライダー


徳島のどくだみ茶 40g *小川生薬 健康茶 カテキン 食物繊維


「三点ドロップ」

仮面ライダーの技、それも決め技と言えば脚力に特徴のあったということからライダーキックを基本にその威力を上げるために足を蹴り込むまでに体を回転させたり捻ったりする動きをとることが多くありました。
腕力に特徴のある仮面ライダーはライダーパンチを決め技に持ってくる者もおり、それ以外には投げ技に活路を見出す仮面ライダーもいました。
仮面ライダーXがマーキュリー回路を埋め込むこと真空回転に耐えうる能力を身に着けたり、仮面ライダーストロンガーのように超電子ダイナモを埋め込むことでその胴体力を大幅に向上させて、身体のパワーアップのために埋め込まれたメカをフルに機能させる仮面ライダーもいました。
おそらく、各仮面ライダーのエネルギーは風力エネルギーを体内に取り込み、小型原子炉で増幅させるところは共通なのでしょうけど、各仮面ライダーは一体毎に身体の作りが異なるためにその増幅されたエネルギーを体の各器官に伝達する方法と伝達力が異なり、発揮されるエネルギーも異なるものと思われます。
仮面ライダーアマゾンだけは例外でしたが、それでもギギの腕輪がその真価を発揮する時の神秘的エネルギーは、各仮面ライダーは追いつかなかったものの反発し合うようなものではなかったのでしょう。
スカイライダーは、グランバザーミーのスピードに幻惑され対抗するためには身体を強化する他なかったところ、再改造ではなくそれまでの7人の仮面ライダーとの強化訓練の末、各仮面ライダーのエネルギーとシンクロすることで身体の強化を図ったものと思われます。
仮面ライダーXがマーキュリー回路装填により真空回転状態に耐えうる能力を強化訓練で身に着け、更なる強化になったわけです。
それまで決め技のほとんどだったスカイキックのキック力を向上させただけではなく、真空状態になるまでの回転力を身に着け、快足が売りだったグランバザーミーのスピードを上回る速さを身に着けたわけです。
その結果の表れが大反転スカイキックであり、三点ドロップだったわけです。


三点ドロップは身に着けたスピードをもって相手の背後に回り、相手の両脚・両手を決め込みながら首を背後から絞り上げるように絞り上げ、そのロックした状態で空中高くジャンプします。
ジャンプしても両手・両脚・更には首まで決められた相手は身動きが取れず、その状態で空中回転を3度決めた上に、相手がスカイライダーの下部に回ったところでその背中に今度はスカイライダーが足をスカイキックのように打ち付けて決め込むわけですから、相手はどう売ることも出来ず、その状態でも衝撃とかなりのダメージを受けているわけです。
いわば、空中において相手の身体を三所攻めのように決めた上でスカイキックを決められながら地面に叩きつけられるわけですから、決め技で相手を決めながらさらに決め込むようなもので、このいわばロック技のような三点ドロップを決められた相手は分っていても井下られ倍状態で倒されてしまうようなものです。
強化訓練によって効果ではなく、破壊力あるスピードを身に着けたスカイライダーのスピードの前に、自我意識を持っていた相手などいなかったでしょう。

キック技でもなくパンチでもない、投げ技というよりはロック技のようであった三点ドロップは、スカイライダーの最大の必殺技の一つであったことは言うまでもありませんが、セイリングジャンプという云わば飛行能力と組み合わせていたならば、最強の技だったでしょうね。







ウルトラ怪獣第33号:ウルトラマンタロウ~グロン


「木枯し怪獣 グロン」

木枯らしというと空っ風のイメージがあります。
湿気の少ない乾燥しきった風で、どうしても北のイメージがありますから木枯らしをイメージしたような怪獣だったグロンは、空っ風が具現化して怪獣化し、東北から関東にやってきた怪獣とされているようです。
しかし、意外と東北にはそうした風は少なく、北関東の山々からの吹き降ろしのような風に空っ風の木枯らしが多く見られます。
この風は寒い時期によく吹き荒れ、日本海からの海風が山々を拭き上げているうちに湿気が取れ、乾燥した冷たい風となる上に風力が強めですから、人体にはつらい風です。
荒野を吹き荒れる風も空っ風であるケースが多いのですが、吹き降ろしの風よりは冷たくないため、浮力が気になるところです。
上空に黒雲が発生して吹き降ろす風には空っ風であるケースはほとんどなく、木枯らしといえば高度はそんなに高くないはずで、この風を具現化して怪獣化することにはかなり無理がありました。
グロンの登場したウルトラマンタロウの頃は既に怪獣のブームは去り、怪獣を作り出す自然現象にも限界が来ていて、いわゆるネタ切れであり多少のことでも人が気になることは何でも怪獣として表現しようとしたものでしょうね。
グロンが「怪獣妖術師」と言われたのも、この無理を説明しようとして与えられた別称なのかもしれません。

宇宙を飛び回り超能力のような特殊能力を使うウルトラ戦士であったウルトラマンタロウが、この地球上の自然現象の塊のような怪獣であったグロンに苦戦して欲しくはなかったのですが、そこに妖術が施されていたというところに妥協を求めていたような気もします。






デルザー改造魔人第6号~狼長官


「狼長官」

デルザー軍団は、伝説上の妖怪や怪物を素体とし、魔の国から呼び寄せられた改造魔人の集まりですが、狼長官は狼男を祖先としたところは他の魔人と違って立派な化け物でありながら実際に存在していそうなイメージがありました。
まるで貴族のように狼男の一族であることを誇りに思い、自分以外の生き物を下等な存在として見下していたようですが、満月の夜に遠吠えと共に狼男がその正体を現すところから来ていたのかもしれません。
この狼男の血を如何に改造に利用したかは分かりませんが、それこそ人知れない魔の国は神のみぞ知る存在で、改造というより神に近い存在であった恐怖という名の悪魔がその力を生かして登場させていたのが狼長官だったかもしれませんね。
そうした領分から出てきたことに自覚があって、気位の高い狼長官の性格は狼男を祖先に持つことよりも悪魔にその血を利用され力を得たことに起因していたのかもしれません。
デルザー軍団のリーダー指揮権がジェネラル・シャドウに行きそうになっていた情勢で岩石男爵や隊長ブランクを利用して謀反を起こそうとしていたところから策略家とされることが多いようですが、すべては気位が高く虚栄心の塊のようなその性格が自分以外の存在を下等とし見下していたことに起因していました。
ジェネラルシャドウにはそこを見透かされ、仮面ライダーストロンガーと戦わざるを得なくなった状況に追い込まれていましたね。

狼長官には常に携行していた指揮棒がありました。
歯型爆弾と共に狼長官の武器でもありましたが、満月の夜に正体を現す狼男の血を受け継ぐ存在だけに狼長官も満月の夜にそのパワーは最大値となり、狼長官の体内を流れるプラズマパワーを武器に転換できる能力を得ることとなります。
これがプラズマ光線で、満月の夜には耐えることないプラズマエネルギーを光線化したその光線を発することは、超電子の力を得た仮面ライダーストロンガーの超電スクリューキックや超電三段キックですら無効化してしまうほどの防御力をも誇ることとなっていました。

通常体ではで他の改造魔人のように電気力を跳ね返すこともなく、それが満月の夜に本領発揮となると超電子力ですら跳ね返してしまうとは、満月の光を浴びたその威力はまさしく神秘的であり、ここかが狼長官の最大の特徴だったと思いますね。






ウルトラ怪獣第33号:ウルトラマンA~ギタギタンガ


「地底超獣ギタギタンガ」

地球は小さな惑星かもしれませんが、そこに生きる人間にとっては神秘でまだまだ謎の星です。
人が知る地球は手の届く空、地表と海だけで、手の届かない空や深海、それに地中は分らないことだらけのはずです。
電波の跳ね返り具合で知ったかのようになってますけど、実際のところは分りません。
仮にそこに生物がいたとしても分からないことはほとんどです。
地表に住む人間は、地下に掘り進み、生きるために水をくみ上げることから工業用水もくみ上げるようになりました。
地価には水脈がありますけれど、生活や足の便として地下鉄を縦横無尽に掘り過ぎて、その水脈を乱し、ひょっとしてそこに住んでるかもしれない生き物の生態系を壊していたかもしれません。
そうした問題を取り上げたのかもしれませんね、アングラモンやギタギタンガと以上に話は。
土よりも岩が多いらしい地中に潜んでいたギタギタンガ酸素が薄いところに潜んでいたため、そういう環境に馴染んで生きていたために酸欠ガスを発射するような身体の器官が身についてしまったのかもしれません。
その酸欠ガスの成分にアルコール濃度が高かったのは、酸素よりも二酸化炭素を生きるための成分としていたためかもしれませんが、地表で人間が工業開発を図り過ぎたためにその影響を受けてのためだったかもしれません。

主であるアングラモンが人による地底の乱開発に怒った張本人だったみたいですが、ギタギタンガの姿はそのアングラモンの怒りが形となって表れたものかもしれません。
怨念となったヤプールの配下に本来いるべきだったのでしょうけど、怨念体となったヤプールに代わるようなアングラモンの影響を大きく受けていたのでしょう。







GOD改造人間第33号~サソリジェロニモJr


「サソリジェロニモJr」

RS装置の設計図争奪戦も、最後にきて仮面ライダーV3どころか仮面ライダー2号の参戦もあって9枚に引き裂かれたRS装置に設計図は9枚全部仮面ライダーXの手に渡っていました。
GODの大幹部と言っていいかどうかは分かりませんが、設定上そのRS装置がないと立ち上がれないキングダークがRS装置がなくても立ち上がってしまい、RS装置はキングダーク稼働のためではなくGOD機関の世界征服の野望を遂げるための大きな武器となっていました。
その設計図の全部が仮面ライダーXに渡っていたのですから、GODとしても組織としてキングダークだけではなく総司令とされた呪博士が出てくる局面となり、打倒仮面ライダーXのためだけでなくGODが組織として沽券に関わる事態としてRS装置の設計図を全部取り戻すことが絶対的作戦遂行を図らなければならなければいけなくなって、どうしてもGOD悪人軍団とされた改造人間が作戦遂行のための手となり足とするためだけではなく、呪博士の身辺警護役のためにも必要となったと思われます。
過去にGOD悪人軍団の三体目としてサソリジェロニモが登場していましたが、思ったほどの活動ができていたとは思われず、しかしその能力に目を止めていた呪博士配下のGOD機関がそれこそサソリジェロニモの生体改造の設計図を基に再改造を施したのがサソリジェロニモJrじゃなかったのかと思いますね。

サソリジェロニモが武器としていたトマホークをサソリジェロニモJrも武器としていましたが、それを投擲し命中度100%という正確さを持ち合わせていました。
しかもこのトマホークを持ちながらもバイクを馬のように乗りこなすところは、インディアンの末裔たる存在であったことが表れていました。
RS装置の設計図を取り戻し、その功績を評価されて呪博士の身辺警護の役割を与えられてキングダダーク体内に乗り込んでいましたが、サソリジェロニモJrの能力を考えるにキングダークの迷路のような体内では持っていた能力は発揮できず、仮面ライダーXを追い詰めたものの今度は呪博士が足枷となってライドルホイップで貫かれていました。
狭い空間より広い原っぱのような空間で疾走していた方がその能力を発揮できていたと思われますが、GOD組織として追い詰められていたことを思うと止むないことだったことかもしれず、これもサソリジェロニモJrの運命だったのでしょうね。







ウルトラ怪獣第33号:帰ってきたウルトラマン~プルーマ


「囮怪獣 プルーマ」

主であったぜラン星人は最後の最後に断末魔と共にその姿が見られましたが、一瞬とは言えそのオドロオドロした醜い姿が記憶に強く残ってしまったためか、ゼラン星人の意図した帰ってきたウルトラマンにウルトラブレスレットを使わせる使命をしっかり果たしていた怪獣プルーマは、意外と印象が薄かった気がします。
怪獣好きには応えられないかもしれない怪獣プルーマは、その背面に亀のような甲羅を背負っていたことと帰ってきたウルトラマンのスペシウム光線を至近距離から放たれても耐えてしまったようにその防御力は高い怪獣だったと思います。
設定上、身体が毒物で構成され、吐く息や垂らす唾液も猛毒であってエネルギー源が実は毒素にあったと思うと、触れただけでも相手に悪い影響を出してしまうプルーマはゼラン星人が作り上げたのでしょうけどゼラン星人の意図を果たす囮となっただけでは惜しい怪獣のように思いましたね。
高い防御力は身体のエネルギー源となった毒素によってもたらされたものと思いますが、それを武器として前面に押し出せば高い攻撃力ももたらすことが出来た怪獣だったはずです。
プルーマのデザインの元は何処にあったのかは分かりませんが、亀やスッポンを二本足歩行型にしたかのようなところが地味になってしまい、そこが残念と言えば残念ですけど、至近距離から放たれたスペシウム光線に耐え、口から吐く熱戦共々帰ってきたウルトラマンを苦戦させていましたから、肩書には見えない強力な怪獣だったかもしれません。






デストロン改造人間第33号~ユキオオカミ


「ユキオオカミ」

仮面ライダーシリーズは視聴率的に仮面ライダーV3 の時が最高だったとされますが、それは第1話・第2話において仮面ライダー1号・2号のダブルライダーが仮面ライダー3号である仮面ライダーV3を生み出した話の時で、当初評判だった機械合成改造人間の登場初期に限られると言っても過言ではなく、後にライダーマン登場で持ち直していましたけど、やはり
ダブルライダーと仮面ライダーV3が登場した第1話と第2話ですね。
当時、新しい仮面ライダーであった仮面ライダーV3とはと興味深かったことが第一だとは思いますが、そのストーリーも見応えがあったと思います。
仮面ライダーブームは仮面ライダー2号登場によってもたらされたものですが、それでも同じような姿をした仮面ライダー1号が出てきたりすると嬉しかったものです。
その次作であった仮面ライダーV3では原子爆弾を内蔵したカメバズーカを倒そうとダブルライダーは太平洋上まで飛行し、大爆発したシーンを見た時ダブルライダーの姿はもう見られないのかと思ったものの、どこかでまた登場するかもしれないと淡い期待を持ったものです。
ダブルライダーが生きているかもしれないというシーンはいくつか見られ、映画では登場していましたがTVでの登場はユキオオカミ登場の時でした。
ストーリーの持っていき方がよく、ユキオオカミのウルトラブリザードを浴びて拉致されてしまった仮面ライダーV3の窮地を救うべく、ダブルライダーが本郷猛・一文字隼人という人間体から登場し、変身シーンも見られるという見る者のツボを抑えたような登場の仕方は待ちに待ったダブルライダーはやはり生きてたんだということと、仮面ライダーと来れば仮面ライダー1号・2号は肝的存在で絶対に外せないものだということを証明していたようなものです。
仮面ライダー2号が主演なら何時仮面ライダー1号が出てくるのか、仮面ライダー1号が主演なら仮面ライダー2号は何時出てくるのかという期待感は仮面ライダーV3の時も生きていた、あんなに盛大にすがたをけしたのに、と言うことなんでしょう。

そうした期待を集めたダブルライダーの登場でしたが、仮面ライダーV3単体では対抗できないほど強烈な存在だったのでしょうね、ユキオオカミは。
確かキバ一族の改造人間で、謎のドーブー教の呪いの祈りの中から登場しただけに牙がその証であり、ユキオオカミに生き血を吸われた者は狼人間化し、言いなりになってしまうという能力はキバ一族の改造人間共通のような能力でしたけど、何と言ってもウルトラブリザードでしょうね。
ユキオオカミの口から発射されるウルトラブリザードは射程距離も長くはなく、特に範囲に拡散されるものでもありませんでしたが、何と言っても絶対零度の雪吹雪でしたからね。
仮面ライダーV 3と言えど、まともに浴びてしまってはあっという間に凍ってしまうことになります。
こうした強烈な武器を持ちながら、狼の改造人間でしたから力の強く俊敏性にも長けていたために単体では仮面ライダーの身体能力をも上回ることになってしまい、そこで仮面ライダー1号・2号のダブルライダーの登場となったのでしょう。






ウルトラ怪獣第33号~ボーグ星人


「甲冑星人 ボーグ星人」

サイボーグというと人造人間を思い起こしそうですが、ウルトラセブンに登場したボーグ星人はその肩書であった甲冑人間ならぬ甲冑を身に纏った宇宙人のようでもありました。
ボーグ星人は、機械と生命を結合させる改造技術に秀でた宇宙人だったという設定でしたでしたが高い科学力で機械と肉体を融合させて金属製の肉体となり、強い肉体はそのまま甲冑の如く防御にも長け、金属製の肉体だけに打撃系のパワーに優れた宇宙人だったかもしれません。
人造人間は改造人間の如く、肉体内のメカを生体改造で持ち込んでその能力を生かした怪奇な人間でしたけど、ボーグ星人が得意とした機械と生命を結合させる術は極端に言えば肉体の中に機会を分子レベルで溶け込ませて融合させるものと思われ、そうなると思った以上に機会である部分の特徴が出てくるものです。
それが甲冑を身に纏った姿でパワー系の存在となったり、ビームを発するという特殊能力が出る上、元が人間というところから機械と分子レベルで融合しても知能は失われるどころか、高い科学力を生むまでの知能を高めていたと思われます。
ボーグ星人を思うと、ボーグ星人登場からかなり時が経って液体金属性の宇宙人が出てきますが、その走りだったように思います。
ボーク星人登場当時はまだ改造人間という考え方はなく、あくまで人造人間でありサイボーグであったことを思うと、機械と肉体の融合した生命体に憧れがあったように思われます。
打撃力でウルトラセブンを上回るようなシーンを見せ、自ら空中へジャンプし飛行能力も見せながら、ウルトラセブンの飛行能力に圧倒されたように急に逃げようとしたところを見定められてアイ・スラッガーで頭部を切断されて倒されたところは、何故に飛行能力を持ってるのにウルトラセブンの大いなる飛行能力に驚いたのは分りませんが、切断された胴体からは泡のようなものが湧き出ていたところを見るとボーグ星人は機械と分子レベルと融合しながらも常にその肉体内部は変化していたような気がします。






ショッカー改造人間第33号~トリカブト


「トリカブト」

ショッカー改造人間のモチーフが植物であるケースは、初期中期には割と見られました。
その初めがサラセニアンで食虫植物サラセニアをモチーフとしたのは、知る人ぞ知るという感じで当時の仮面ライダーやショッカーが醸し出していた怪奇性と通じるところがありました。
毒キノコをモチーフとしたキノコモルグは、怪奇性からユニークさを取り入れた当時の雰囲気が感じられ、そこに怪奇性を盛り込んだ感じのドクダリアンは、太古のダリアが生き永らえて毒性を持った生命力のある改造人間として描かれたことで架空の独自性が出ていました。
植物型のショッカー改造人間は、そこからトリカブトとなっていくのですが、それまで知る人ぞ知る或いはユニークな独自性があったところがいきなり現存する毒性植物トリカブトがそのまま採用されることになりました。
その名こそ植物名がそのままでしたけど、仮にも改造人間でしたからトリカブトの外見と意外に強力だった毒が特徴となってあたかも人間にトリカブトの特徴を盛り込んだような改造人間となっていました。
トリカブトの花は印象的ですが大きさは小さく、葉の部分のイメージが大きく葉と葉が重なるところに葉脈を絡ませて、これも意外と面白い感じのデザインだったという具合に感じました。
葉脈の延長が蔓となり鞭となって、トリカブトの武器の一つとなっていたこともショッカー初期中期の改造人間としては面白かったと思います。
植物型改造人間だけに身体が柔軟だったのか、隙を見て仮面ライダー2号が打ち込んだライダーキック1発では倒し切れませんでした。
最期に渾身のライダーパンチを打ち込まれることで倒されますが、見た目とは裏腹に意外と強力改造人間だったかもしれませんね。






プロフィール
読者登録
タグクラウド
ギャラリー



最新コメント
記事検索