399円 フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック(ARシャーシ) ホビー プラモデル・模型 車・バイク レーシングカー フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック ARシャーシ ☆国内最安値に挑戦☆ ブラストソニック(ARシャーシ),399円,www.rodz-konez.co.uk,フルカウルミニ四駆,/enage1250637.html,グレート,ホビー , プラモデル・模型 , 車・バイク , レーシングカー 399円 フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック(ARシャーシ) ホビー プラモデル・模型 車・バイク レーシングカー フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック ARシャーシ ☆国内最安値に挑戦☆ ブラストソニック(ARシャーシ),399円,www.rodz-konez.co.uk,フルカウルミニ四駆,/enage1250637.html,グレート,ホビー , プラモデル・模型 , 車・バイク , レーシングカー

フルカウルミニ四駆 グレート 感謝価格 ブラストソニック ARシャーシ ☆国内最安値に挑戦☆

フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック(ARシャーシ)

399円

フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック(ARシャーシ)










【 2つのスタイルが楽しめる星馬烈の最新マシン 】高性能な走りでレースも楽しい四輪駆動レーサーのプラスチックモデル組み立てキットです。グレート ブラストソニックは小学館「コロコロアニキ」に連載中の、こしたてつひろ先生のミニ四駆マンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!Return Racers!!」に登場する主人公の一人、星馬烈の少年時代のマシン。ソニックシリーズの流れを継承したマーキングやフォルムはシャープでエッジの効いたデザインで構成され、スピード感も十分。また、ノーズ部品を一部カットし、リヤウイング部品をはずせば、原作のグレート ブラストソニックに近いスタイルに仕上がります。【 ARシャーシ 】空力の追求はもちろん、整備性や剛性、拡張性などミニ四駆レースに必要な要素をかねそなえているのがARシャーシ。ボディ各部から取り込んだ走行風をスムーズに流して、シャーシ内部の電池やモーターを冷やし、熱によるパワーダウンを防止。ボディとシャーシのエアインテークをリンクさせて、高い冷却効果を生み出します。また、低摩擦樹脂製のプラベアリングを装備して、駆動ロスを少なくするとともに軽量化を実現しているのもポイントです。アンダーパネルとディフューザーはボディを外すことなく簡単に取り外し可能。さらに、リヤスキッドバーを標準装備。スロープセクションなどの坂道コースを通過する時に、低摩擦樹脂製のスキッドバーがコース路面と接触。マシンの姿勢を制御してコースアウトを防止します。イエローカラーの5本スポークホイールにローハイトタイヤを装着。3.5:1の超速ギヤ付き。

【 基本スペック 】 ●完成時の全長155mm ●全幅97mm ●全高44mm ●モーター付き ●組み立ては接着剤不要のはめ込み式
【 別にお求めいただくもの 】 ●単3形電池2本

【 原作に近いスタイルも楽しめる 】ノーズ部品(D3) を説明図どおりにカットして、リヤウイング部品をはずせば、原作のグレート ブラストソニックに近いスタイルに仕上げることができます。
※写真は製品を組み立て一部塗装したものです。

<セット内容>本体、組立説明書、モーター
<主な材質>PS

こちらの商品は実店舗から入荷・発送しておりますため、パッケージ状態や、梱包状態が商品ごとに異なる場合がございます。
一部商品に商品管理ラベルが添付されている場合がございます。

※お支払い方法はクレジットカード、代引きからお選びいただけます。
※ご注文確定後の注文内容の変更、キャンセルはお受けしておりません。
※対象年齢がある商品については目安となっております。
※実際の商品と画像は若干異なる場合がございます。

電池
電池別売
単3電池×2

対象年齢
10歳 ~ 13歳

パッケージサイズ
幅14×奥行き23×高さ5.5cm

【090000034】【090000036】

TAMIYA(タミヤ)


フルカウルミニ四駆 グレート ブラストソニック(ARシャーシ)


鶏病研究会では、家禽およびその生産物の衛生に関する 会員相互の知識および技術の向上とその応用普及を図り、 わが国の養鶏振興ならびに安全な家禽生産物の供給に寄与するよう、 活動しています。


2021年秋季研修会ポスター

会員専用ページでオンデマンド配信中(非会員の方は、事務局まで受付をお願いします。)


今年度もアジアや欧州諸国等で野鳥・家禽の高病原性鳥インフルエンザウイルス感染が報告されています。本病に対する厳重な警戒を引き続きお願いします。詳しくは、こちら(123)(農水省消費・安全局動物衛生課)をクリック。

【鶏病研究会NEWS】

【研修会のお知らせ】